ヘッダーイメージ 本文へジャンプ



製品情報
製品リスト        
製品名 内容
オイルテストone ・ オイルテストS 絶縁油中の全酸価測定試薬
トランステスターW
トランステスターone
トランステスターS
絶縁油中のフルフラール簡易測定試薬
メタックリン 金属脱脂洗浄剤
試料採取キット PCB、フルフラール分析用の試料採取キット

絶縁油交換の判定に最適!しかも個別売り
全酸価測定試薬(オイルテストone ・ オイルテストS)

手軽に現場に持ち込め、採取から測定まで滴定法よりも「簡単」「迅速」「正確」に測定が行えます。
高濃度用、中濃度用、低濃度用の三種類があります。目的に応じてご使用ください。


オイルテストone
価格: 各¥240(税別)


オイルテストS
価格: 各¥340(税別)

製品購入
オイルテストは油入変圧器などの電気絶縁油の交換時期を判定するために開発された簡易測定キットです。

電気絶縁油は使用していくと変質し有機酸とスラッジが増加して、性能を著しく低下させます。

有機酸含有量(全酸価)を測定することにより交換時期を判定します。

オイルテストは、中和比色法による全酸価簡易測定試薬です。従来のものよりも分離が良く測定がしやすくなりました。
【オイルテストone】 (試薬のみの販売です)
・測定試薬               1本

【オイルテストone別売品】
・オイルテストone専用スポイト…価格¥1500(税別)
・色見本 … 価格¥1500(税別)


【オイルテストS】 セット内容
・測定試薬               1本
・延長ノズル              1本
・採取用注射器            1本
・取扱説明書(色見本付き)      1冊


オイルテストone及びオイルテストS(MSDS)
               →オイルテストMSDS(PDFファイル)


※オイルテストの使用方法はどちらも同じですが、採取量に違いがあるのでオイルテストoneをご使用の際は、オイルテストone専用のスポイトを使用してください。


オイルテストのラインナップは高濃度用、中濃度用、低濃度用の三種類!!!

写真 1  (高濃度用)

交換判定用に
高濃度用…0.30~0.45mgKOH/g(4色で判定)
≦0.30、0.35、0.40、≧0.45
写真 2  (中濃度用、低濃度用)

一般管理および交換判定用に
中濃度用…0.10~0.25mgKOH/g(7色で判定)
≦0.10、0.13、0.15、0.18、0.20、0.23、≧0.25

一般管理用に
低濃度用…0.01~0.08mgKOH/g(7色で判定)
≦0.01、0.03、0.04、0.05、0.06、0.07、≧0.08

オイルテスト測定手順

手順  1
採取用器具で絶縁油5mLを取り測定試薬に入れる。
※オイルテストoneはスポイトで赤線まで採取します。
手順  2
絶縁油を加えたガラス瓶(測定試薬)を10回程度振り混ぜる。
手順  3
分離するまで静置し、試薬層(上層)を色見本と比較して判定。

製品購入


変圧器の劣化が簡単に判ります!!
フルフラール簡易測定試薬 (トランステスターW、トランステスターone、トランステスターS)
                  (財)中部電気保安協会 特許第3264427号、特許第4280189号

低コストを実現したフルフラール簡易測定試薬です。簡単に現場で使うことができます。
安全管理に定期的なチェックをお勧めします。


   トランステスターW


トランステスターWは下記のセット販売も行っています。
トランステスターW関連の
その他セット内容

  • 試薬セット①~③・・・各10本
  • ろ過器セット④~⑤・・・各10個
  • その他各別売品⑥~⑪
  • トランステスターone                ①~⑤・・・各1個

   
  トランステスターone
※トランステスターoneはトランステスターW用の消耗品1回分のセットです。

 
フルフラール量を測定する理由

 
変圧器の寿命は絶縁紙の物理的強度と大きな関係があります。絶縁紙の強度が低下すると使用油中のフルフラール量が増加します。

 一般的にフルフラール量は液体クロマトグラフィー(HPLC)で測定するのですが、トランステスターは低コストで簡単にフルフラール量を目視で測定することができます。
 定期的なチェック、擬劣化変圧器のスクリーニングにお役立て下さい。


※劣化判定・・・変圧器の寿命の目安は、一般的に絶縁紙の平均重合度450とされています。この時点での絶縁油中フルフラール量は
1~2ppmであることが判っています。

トランステスターでの測定値が1ppm前後となった場合、液体クロマトグラフィー(HPLC)での分析をお勧めします。


        トランステスターW       
  セット内容

抽出液(30mLガラス瓶) 10本 試薬
セット
発色液A(20mLガラス瓶) 10本
発色液B(5mLポリ瓶) 10本
ろ紙 10個 ろ過器
セット
注射筒 10本
注射針(樹脂ケース入り) 12本  その他
各別売品
スポイト 1本
比色板 1枚
廃油瓶 1本
ケース 1個
取扱説明書 1部





トランステスターS

      トランステスターS      
 トランステスターSでフルフラールを1回測定することができます。
 管理する変圧器が少ない方にお勧めの商品です。

セット内容
  • 抽出液(30mLガラス瓶)
  • 発色液A(20mLガラス瓶)
  • 発色液B(5mLポリ瓶)
  • ろ紙
  • 注射筒
  • 注射針
  • 試料採取用注射筒(延長ノズル付き)
  • 取扱説明書(色見本付き)

トランステスター測定手順

手順 1
使用油をスポイトの赤線まで採取し抽出液に入れる。
手順 2
蓋をして約1分間よく振り混ぜ、写真の様に二層に分離するまで静置する。
手順 3
注射筒に注射針を取り付けて手順2の下層の液を5mLの線まで取る。
手順 4
注射筒に液が入ったままの状態で注射針をろ紙に付け替え、発色液Aの中に注射筒の液をろ紙を通過させて入れる。

手順 5
蓋を閉めて軽く振り混ぜ、室温(20~30℃)で30分間静置する。
手順 6
発色液B全量入れる。
手順 7
蓋を閉めて軽く振り混ぜ、2分間静置する。
手順 8
手順7のビンと比色板を並べ判定する。
※明るい所にかざして見比べてください。



金属脱脂洗浄剤
メ タ ッ ク リ ン

メタックリンは、機械部品の頑固な油汚れを簡単に落とすために開発された脱脂洗浄剤です。


下記の用途などで御使用ください。
①機械部品の油汚れ落とし
②金属製品、金型などの脱脂洗浄
③マジック等のインク落とし


      メタックリンMSDS(PDFファイル) 


電気絶縁油分析のための
試料採取キット
PCB分析、フルフラール分析用
試料の採取を行うために!

・PCB分析に必要な試料量は約10mLです。(弊社の試料採取瓶で約1/2程度)

・フルフラール分析に必要な量は10~20mLです。またフルフラールは光に弱いので試料採取瓶は褐色瓶になります。

1セット(1試料分):価格 ¥1000(税別)

【セット内容
・ガラス小瓶(試料採取瓶)   1個
・スポイト              1本
・手袋                1セット

※送料は全国どこでもいくつでも¥500!(一部離島は除きます)


試料採取キット

製品購入

フッターイメージ